根室拓殖鉄道

¥ 3,360

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパックライト

    複数購入の場合、送料合算となりますが、実際の送料との差額を切手同梱にて返金します

    全国一律 360円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

根室拓殖鉄道は、昭和4年(1929年)から昭和34年まで北海道東端の根室半島、15.5kmの区間を走っていた単線 ・ 非電化の軽便鉄道で、つまり日本で最も東にあった鉄道路線。海水混じりの強風吹き荒れる酷寒の地を、ジョギング並みの低速で走っていたらしく、定時運行が難しいどころか、脱線事故も日常茶飯事だったようです。 

当時の写真や新聞記事など貴重な資料を多数載せ、戦後昭和20~30年代の北の最果ての軽便の歴史を中心に、廃線後のようすまで奥深くまで研究しまとめた意欲作。

星良助、湯口徹、高井薫平各氏ら斯界の著名な趣味人による写真に加え、地元に人たちが撮影したと思われる写真も盛りだくさん。新聞の切り抜き、統計、時刻表などの記録類も収録。銀龍、かもめ、ちどりの3両のガソリンカーを中心に車輌紹介もある。ちどりは、塗色の違いがわかる3種の図柄を収録。

駅ごとの時刻表、構内配線図付きの沿線案内もある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
A4判
112ページ

著者 高橋渉, 加田芳英
出版年月日 1997.4
JP番号 98047769

※長期保管のためヤケあり。ご了承の上、お買い求めください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ご注文から5営業日以内に発送します。
・送料について/その他の商品と同時購入の場合、送料合算となりますが、実際の送料との差額を切手で同梱してお返しします。予めご了承ください。
・当コンテンツ内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製、複写等の行為は禁止しております。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する